【浦和】高砂や(たかさごや)

浦和駅北口を出て東口側に向かうと、浦和で人気の和菓子屋「高砂や」が見えてきます。お昼を過ぎると3時のおやつを買う主婦、夕時は買い物ついでの主婦や仕事帰りの女性達で2~3人の列ができたりしています。

豆大福(110円)

浦和高砂やの豆大福
  • 新潟県産もち米
  • 北海道小豆:つぶあん
  • 北海道産赤えんどう豆
  • 白双糖
  • 消費期限:当日

 一見、どこにでもあるありきたりな豆大福に見えるのですが、お手ごろ価格の豆大福とは違った味わいになっています。

浦和高砂やの豆大福の断面

 半分に切ったところを見れば一目瞭然なのですが、皮が厚い。コンビニなどで販売されている大福は「求肥(ぎゅうひ)」と言って餅粉を練った伸びのよい薄い皮にあんこが包まれています。ですが高砂やの皮は求肥ではなくお餅を使っているので、こんなにも皮が厚いのです。しかも、もち米をついた本格的なお餅を使っているのですっと噛み切れるのが特徴です。
 お手ごろ価格のお餅は餅粉を練って作られているので、ピザのチーズのように伸びますが、もち米をついたお餅は粘りが弱めで歯ですっと噛み切ることができます。そのきちんとついたお餅を使って作られているのが高砂やの豆大福なのです。

一ツ栗まんじゅう140円

浦和高砂やの一ツ栗まんじゅう
  • 北海道小豆:つぶあん

 一ッ栗まんじゅうは水分が少なめのさっぱりとしたつぶ餡を、ふんわり固めのまんじゅう皮でくるみ、栗の甘露煮を丸ごと一個のせたおまんじゅうです。

浦和高砂やの一ツ栗まんじゅうの断面

 一ツ栗まんじゅうのすばらしいところは、まんじゅう生地、つぶ餡、栗の三つの食材を同じくらいの固さにし、一体感を出しているところです。栗、皮、あんことおまんじゅうを順に噛んでいっても、少しの引っかかりもなく噛みすすんでいけるのです。

 固さだけでなく、三つの食材の食感も少し水分を少なめにして、しっとりしつつもやわらかすぎない食べ応えのあるものとなっています。これだけの気遣いのあり菓子を提供できるのは、老舗の和菓子屋さんならではの技術とこだわりだと思いました。

ふまんじゅう(180円)

浦和高砂やのふまんじゅう
  • 小麦粉
  • 餅粉
  • 上白糖
  • 北海道小豆:こしあん
  • 消費期限:2日
浦和高砂やのふまんじゅう

 ふまんじゅうとはお味噌汁などに入っているあの「お麩」のまんじゅうです。そもそも、麩(ふ)とはなにかというと、水で練った小麦粉から抽出するグルテンという物質のことです。パンがもちっとふわっとするのも小麦粉のグルテンのおかげなのです。

 一般的にスーパーなどで販売されている「麩」は一旦乾燥させたものなので、すこし気泡があり、水分を多く含むのですが、高砂やのふまんじゅうは抽出したグルテンを乾燥させずそのまま使った「生麩」なので、生麩独特の反発するもちもち感を楽しめます。

浦和高砂やのふまんじゅうの断面

 お店の張り紙には「毎朝、グルテンを練り上げ、北海道こし餡を包み、茹で上げています。」と書いてありました。

 丁寧に練り上げられた生麩の食感が、甘さ控えめのこしあんと合いさっぱりとした冷菓に仕上がっています。

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!